人狼ゲームシリーズ映画第8作目『人狼ゲーム デスゲームの運営人』2020年秋公開決定!!!

『人狼ゲーム』最新作、初の男性主人公で秋公開!運営側に初フォーカス - シネマトゥデイ:映画の情報を毎日更新
桜庭ななみや土屋太鳳が主演を務め、若手俳優の登竜門としても知られる人気シリーズの最新作『人狼ゲーム デスゲームの運営人』が、今秋に公開されることが決まった。
小越勇輝、“若手俳優の登竜門”「人狼ゲーム」シリーズ最新作で映画初主演! : 映画ニュース - 映画.com
俳優の小越勇輝が、「人狼ゲームデスゲームの運営人」で映画初主演を飾ることがわかった。原作者である川上亮氏が自ら脚本&メガホンを担い、映画監督デビューを果たす。小説&コミカライズの累計発行部数150万部を誇る「人狼ゲーム」シリーズの劇場版は、
「人狼ゲーム デスゲームの運営人」公式ホームページ
2020年11月公開 小越勇輝主演映画「人狼ゲーム デスゲームの運営人」

人狼ゲームシリーズの映画第8作目『人狼ゲーム デスゲームの運営人』がついに発表されました!
運営サイドがこれまで以上に関わってきそうなタイトルで嫌な予感しかしません。
公開は今年秋ということで、今から待ちきれませんね。

発表により各メディアの記事や公式サイト、Twitterなどが公開されています。
気になる方は今すぐチェック!
一部を記事より抜粋してご紹介します。

主演を務めるのは、ミュージカル「テニスの王子様 2nd season」やテレビドラマ「弱虫ペダル」などの小越勇輝。シリーズ初の男性主人公となる。

「人狼ゲーム」の劇場版8作目となる今作は、人狼ゲーム運営側に初めて焦点が当たり、“村人”と“人狼”となってだまし合う心理戦と、敗者が容赦なく殺戮されていくソリッドシチュエーションに加えて、参加者側と運営側の二重構造の頭脳戦が展開する。

川上監督は、「複雑に入り組んだ物語展開」が魅力だと語り、「主人公の正宗は論理的な思考と泥臭い手段を用い、ヒロインにルールを破らせることで『彼女がルールを守った上で勝つ』可能性を上げようとします。ちょっとなにを言っているかわからないかもしれませんが、百聞は一見にしかず。参加者側と運営側、二重構造の頭脳戦にぜひ震えてください。ゾクゾクするような興奮を味わってください」とコメントを寄せた。

ストーリー

命がけの人狼ゲームーー。参加者はネット上や「拉致」によって集められ、勝敗は富裕層による非合法な賭博の対象となっている。その現場で「運営人」のひとりとして働く正宗(小越勇輝)は、いつものように参加者を運び、機材のチェックを行い、そしてーー絶望した。参加者の中に、自分が過去に家庭教師バイトとして教えたことのある女子高生、夏目柚月が含まれていたからだ。
「彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい」そう考えた正宗は同僚の運営人・琥太郎の助言を得ながら、参加者全員の役職や人狼の襲撃先、「つくべき嘘」といったアドバイスを必死で柚月に伝えようとしていく。「ほかの運営人や観客に気づかれてはならない」という究極の制限の下、「特定の参加者」を勝利に導くことは可能なのかーー?

シリーズ初の男性主人公のようです。
ストーリーのあらすじを見る限り、運営サイドの主人公がゲーム外?から参加者の女の子を助けるお話なのかな。
どのような内容になるのかは分かりませんが非常に気になります。楽しみです。
監督やスタッフ、キャストの皆さんは健康第一を忘れずに無事に秋に公開宜しくおねがいします!

コメント